校長あいさつ





















この4月に東京都教育庁指導部指導企画課より、校長として着任いたしました、

宮﨑直人(みやざき なおと)です。

小学校の教員として、20年間教鞭をとった後、東京都教育委員会の事務局として、教育行政に10年間携わりました。この30年間、とても多くの人との出会いがありました。その一つ一つが、今の私を支えてくれています。

「一期一会」という言葉があります。これは、千利休の弟子、山上宗二の著書「山上宗二記」に「一期に一度の会」とあることによります。茶道の心得を表した言葉で、「茶会は、毎回一生に一度だという思いを込めて、主客ともに誠心誠意を尽くすべき」ということから、「一生に一度しかない出会い」という意味になったとのことです。

子供たちも、こうした出会いを大切に、目標に向かって充実した学校生活を送ってほしいと思います。

本校は、教育目標を、

○ 人や自然を愛し、豊かな心をもつ子「やさしい子」

○ 進んで考え、創意工夫する子「かんがえる子」

○ 心も体も健康な、元気な子「げんきな子」

として、「心とからだを健やかに人のためになる赤羽の子」をスローガンに、人間尊重の精神を基調とし、健康で知性と感性に富み、広く社会において信頼される人間性豊かな品性のある児童の育成を目指します。

そのために、教職員一同、「チーム赤羽」として、赤羽の子供たちのために、全力で職務にまい進してまいります。子供たち、保護者の皆様、地域の皆様お一人お一人との出会いを大切に、「一期一会」の心をもち、日々の教育活動を進めてまいります。保護者の皆様、地域の皆様、温かいご支援とご協力を、どうぞよろしくお願いいたします。

 

静岡県小山町との交流


本校の5年生が毎年交流している小山町の込山正秀町長とお会いする機会をいただきました。
小山町とは、5年生が田植え体験・稲刈り体験をさせていただいております。
今年度も、田植え体験でお世話になりました。稲刈りも楽しみにしております。
また、本校ホームページにリンクも作成しましたのでご覧になってみてください。